2020年04月10日

英BBCがMagic Leap用ARドキュメンタリー「Micro Kingdoms」をローンチ

ar

英BBCスタジオとAR/VR開発のPreloadedは11日、「BBC Earth – Micro Kingdoms:Senses」をローンチした。マジックリープ(Magic Leap)1用のインタラクティブ要素のあるドキュメンタリーで、エキゾチックなアリとクモの極小の世界が楽しめる。UPLOAD VRなど複数のメディアが同日伝えた

スティーブン・フライ氏がナレーションを務める「BBC Earth – Micro Kingdoms:Senses」は、BBC、デベロッパーのPreloaded、Magic Leapの協働によって製作された。このアプリでは、動物界の小さな生き物の生活を見てまわれる。 中央アメリカの熱帯雨林に見られるハキリアリのコロニーと、ブラジル東部をさまようクモがARで登場する。

アリとクモのうち、クモの方が胸が悪くなりそうだと思ったのなら、トレーラーを見てほしい。アリは飛ぶことができる。

BBCにとって、これは数年前に、グーグルの Daydreamで始めた「Life in VR」の仕事の継続だ。Preloadedのクリエイティブディレクター、フィル・スチュアート氏は次のように語った。
「空間コンピューティングにより、現在の空間を理解し、それに応じて対応するストーリーを伝えることができます。この理解、または『ワールドコンテキスト』は、ストーリーテラーの規則をほぼ反転させ、可能性の世界全体を開きます。ユーザーはストーリーテリングの一部であり、この積極的な役割は、新しい生息動物に近づき、探索し、交流することを奨励しています
虫眼鏡を通して覗き込むと、ハキリアリが葉を取り壊して仕事に行くのを見ることができる。
「アリが動き回る方法、コミュニケーションの方法は、野生でアリがどのように行動するか、完全に本物です。同様に、クモの獲物への近づき方、あなたの存在に対する反応も本物です 」

BBC Studiosの インタラクティブ部門の責任者であるトム・バートン氏は次のように話した。
周囲のスペースにストーリーを配置することで、語られるストーリーの内容が変わります。ライトを暗くして画面を見たり、ヘッドセットを装着して世界をシャットダウンするように求められることはありません。話は目の前で起こっています」

これはかなり魅力的な作品のようで、以前はテレビや動物園でしか目にしなかった自然を直接リビングルームに持ち込んでいる。しかし、それが機能する理由は、バートン氏の考えでは、BBC自体がこれらの物語を語る上ですでに十分に優れているからだ。

「私たちの仕事の中心にあるのは、素晴らしいストーリーテリングです。それがMagic Leapのような空間コンピューティングプラットフォームでも、Life in VRやブルー・プラネット IIのような画期的なドキュメンタリーでも基本は同じままです」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。