2024年03月02日
online casino

豪政府、オンラインギャンブルでのクレカ利用禁止へ

オーストラリア連邦政府は、オンラインベッティングでのクレジットカード利用を禁止する新法を発表した。この規制は「ギャンブルの害から脆弱な消費者を保護する」ために講じられるという。World Casino Newsが伝えた。

同法はオンラインギャンブル企業が、オンラインでの賭け事でクレジットカードの受け入れを禁止するもので、インタラクティブ・ギャンブル法2001の適用範囲を全てのオンラインベッティング業務に拡大する。ただし、政府が「ギャンブルの害に対して低リスク」とみなす宝くじ業務だけは禁止対象外とされる。

報道によると、法律はオンラインギャンブルを店舗型のギャンブルと同様に扱い、店舗型カジノでのクレジットカード禁止がオンラインベッティング業者にも適用される。技術的な実装については議論が進んでいるが、銀行識別番号(BIN)がATMからの引き出し停止と同様に、取引をブロックする方法で使用される可能性が高いとされる。

連邦通信大臣のミシェル・ローランド氏は、「オンラインギャンブルでのクレジットカード使用禁止を法制化することで、脆弱なオーストラリア人とその家族を守ることができる」と述べ、クレジットカード禁止を支持した。

ソーシャルサービス大臣のアマンダ・リシュワース氏は、「アルバニーズ労働党政府は、より良いオーストラリアを創り上げることに取り組んでいる。問題のあるオンライン賭け事による被害を最小限に抑えることがその目標を達成するための重要な要素である。陸上ベースのギャンブルと同様に、オンライン賭け事でクレジットカードが使用できないようにすることは、さらなる前向きなステップである」と述べた。

リシュワース氏は、今年中にインタラクティブ・ギャンブル法2001が改正され、オーストラリア通信・メディア庁(ACMA)が禁止措置の執行権限を完全に持つことになると述べた。The Adviserによれば、政府はまた、各州・地域と最低限の禁止要件について合意を求めている。

オーストラリア銀行協会(ABA)は禁止発表に同意し、最近の調査で、81%のオーストラリア人がクレジットカードでのギャンブル禁止を支持していることを明らかにした。

ABAの最高経営責任者アンナ・ブライ氏は、「ABAは長年、ギャンブルでのクレジットカード使用について一貫性を求めており、連邦政府がオンラインギャンブルでのクレジットカード使用を禁止することを強く歓迎する」とコメントした。

彼女は続けて、「クレジットカードを使ったギャンブルは、短期間で大量の借金が蓄積されるという独自の害をもたらす。ギャンブル中毒のある人にとって、クレジットカードは個人や家族に重大な経済的ストレスをもたらす。オンラインギャンブルでのクレジットカード禁止は、ギャンブル被害を受ける人々が自分たちの資金を管理するのに役立つだろう」と述べた。

政府の取り組みの背景には、オーストラリアが世界最高額の250億ドル(約2兆2800億円)の成人向けギャンブル損失を抱えているというデータがある。

オーストラリア家族研究所によれば、約7.2%のオーストラリア人が何らかのギャンブル被害に関与しており、家族や友人にも影響を与える可能性が高い。ローランド氏は、「人々は自分が持っていないお金で賭け事をすべきではない」と述べて、ギャンブル施設でのクレジットカードの扱いの違いを「不合理な現実」と指摘し、パブの賭け事カウンターでの使用が禁止されている人でも、その施設で賭け事アプリやクレジットカードを利用できることを問題視した。

ブライ氏は、「オーストラリアの圧倒的多数の人々はこの決定を称賛するだろう。ABAが2020年に実施した調査では、81%がクレジットカードでのギャンブルに制限が必要だと考えており、そのうちの半数以上(54%)が完全に禁止すべきだと述べている」と語った。また、オーストラリアの銀行がすでに、ギャンブル利用を管理するためのツールを導入していることを付け加えた。例えば、ギャンブル取引を許可しない低金利または無利子のクレジットカードがある。

現在、下院社会政策・法務委員会は、オンラインギャンブルの影響とギャンブル被害の範囲を調査し、今後の政府の対策を提案するための研究を行っている。

シェアする