2020年12月05日

ハロウィンにプレイすべきVRホラーゲーム5選

今年のハロウィンは間違いなく例年とは違ったものになりそうだ。SteamVR、PSVR、Oculus Questを含むすべての主要なVRヘッドセットをサポートしているハロウィンにプレイすべきVRホラーゲームをお届けする。

The Walking Dead: Saints & Sinners

他のゾンビゲームが不気味さと全面的なゾンビを倒す楽しさを両立させることができなかったが、『The Walking Dead: Saints & Sinners』は決定的に成功している。このシングルプレイRPGでは「トラベラー」としてポスト終末論的なニューオーリンズを舞台に、部品を探し出したり、武器を作ったり、派閥間の取引を仲介したりと、本当に致命的なグーリーの大群に対処しながら、撃って、刺して、休んで、次の日のために生き残ろう。

Five Nights at Freddy’s: Help Wanted

ジャンプしてしまうほどの恐怖で有名なFive Nights at Freddy’sのメーカー、Steel Wool Studiosは、すべての主要なVRヘッドセットのためのバージョンを作った。モニターから目を離さず、電源を管理し、まばたきをしないようにしよう。フレディ・ファズベアと彼の憑依したアニマトロニクスの同胞たちは間違いなくあなたの顔を食べようとしているからだ。

Red Matter

謎に包まれた地球外の植民地の雰囲気の中でソビエトの残虐主義とパズルアドベンチャーがミックスされており、冷戦時代のスパイ活動の一片を加えている。それがSFスリラー『Red Matter』だ。不気味な雰囲気で、ジャンプするような怖さはない。

Arizona Sunshine

ゾンビが左右に飛び出し、弾薬が減っていくVertigo Gameのストーリー主導型Co-opシューティングゲーム「Arizona Sunshine」。ヘッドショットの練習をしよう。

出所:Road to VR

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。