2020年09月30日

2020年のマカオのGGRは前年比8%成長の見込み=バースタイン

マカオ macau

リサーチと株式ブローカレッジ会社のサンフォード・シー・バーンスタインによると、マカオの2020年のカジノ総粗収益(GGR、顧客から集めた掛け金総額から支払う賞金と税金を差し引いた額)は、前年比約8%の増加が見込まれる。成長率はVIPゲームセグメントが6%、マスセグメントが9%という。GGA Asiaが8日伝えた。

バーンスタインは、GGRの伸びは今年の後半に加速するとの見方を示した。VIPセグメントが今年後半にリバウンドする可能性があるためだ。また、利息、課税、減価償却(EBITDA)前のマカオ産業の収益は10%増加する見込み。

バーンスタインのアナリストらは、次のようにコメントした。
「全体として、2020年には前年比8%のGGR成長を予測している。第1四半期はゼロ成長、第2四半期は+ 3%。第3四半期は+ 13%ので、第4四半期には+15%の成長を見せると考えている。VIP GGRは、第3四半期に16%、第4四半期23%伸びるでしょう

バーンスタインはまた、VIPのGGRを押し上げる要因として、中国経済の懸念緩和、流動性問題の緩和、人民元の強気をあげ、次にように述べた。

「中国と米国は貿易協定の第1フェーズに達したが、我々はその前線のさらなる詳細と、プレーヤーやジャンケットの感情への影響を見守ることになります。より包括的な貿易に関する決議がなされた場合、ゲーミング株式が回復し、プレイヤーレベルと株式レベルの両方でセンチメントが大幅に改善されるでしょう」

マスゲームのGGRに関し、バースタインは次にように語った。
2020年のマスゲームのGGRは、全体で前年比+9%、第1四半期に+ 7%、第2四半期に+ 7%、第3四半期に+10%、第4四半期に+11%の成長をするでしょう

「2019年のマカオの基本的な成長の制約はホテルの部屋の空き状況でした。これは、2020年にSands China が2つのホテルスイートタワーがオープンするので、ホテルの部屋が増加し、制約は緩和されます。また、 Wynn MacauもWynn Encoreの部屋の改装を完了する見込みです。また、今年後半には SJMホールディングスが、コタイにグランドリスボアパレスリゾートをオープンします」

バーンスタインはまた、マカオとその周辺のインフラ開発が、市内の訪問者数とマスゲームビジネスにとってプラスになると述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。