2020年10月29日

スター・ウォーズ:スクワッドロン、オーナーの15%がVRでプレイ

VR

EAがツイッターでインフォグラフィックを公開し、『スター・ウォーズ:スクワッドロン』の全プレイヤーの15%が、VRでゲームをプレイしたことを明らかにした。このゲームはPS4、PC、Xbox Oneでプレイでき、VRと非VRの両方で完全にプレイ可能であることを考えると、これは実際にはかなりの数になる。UPLOAD VRが伝えた

『スター・ウォーズ:スクワッドロン』は、HOTASを使ってプレイすると最も没入感のが得られる。『スター・ウォーズ:スクワッドロン』の総プレイヤー数には、コンソール上のVRオプションを持っていないXbox Oneユーザーが含まれていることも注目に値する。つまり、全体の潜在的な VR ユーザーベースのうち、15% 以上が VR でプレイしているということだ。これは発売からまだ1週間しか経っていないゲームにしては、良い数字だ。

また、ほとんどのHOTASのセットアップは完売し、多くのヘッドセットは入荷待ちになっており、ゲームを完全に体験するために必要な機器をすべて揃えるまで、多くの人がゲームの購入を控えている可能性がある。あるいは、VRヘッドセットを手に入れることを選んだ人もいるかもしれないし、非VRモードでゲームをプレイした後、まだ届いていないという人もいるかもしれない。

これはすべて憶測だが、時間が経つにつれ、より多くの人がVRで体験するようになるということは、エキサイティングな見通しであると考えて良い。EAが公開した完全なインフォグラフィックには、X-WingとTIE Interceptor(戦闘機ではなく)が最も人気のある2つの艦船であることや、6億近いスターファイターが初週で既に破壊されていることなど、興味深い詳細がたくさん掲載されている。

EAは新モードや新船、DLCのリリースや、現時点ではQuestへの移植の予定もないという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。