2020年12月05日

マイクロソフト、Xbox Series Xの在庫不足は4月まで継続と予測

マイクロソフトによると、Xbox Series XとXbox Series Sの供給不足は来年の4月頃まで続くとの予測を発表した。gamesradar+が伝えた

Xboxの最高財務責任者ティム・スチュアート氏はジェフェリース・インタラクティブ・エンターテインメント・バーチャル・カンファレンスで行われたQ&Aセッションで、Xboxの供給状況についての見解を述べた。Stuart氏は、「ゲーム人気は爆発的に高まって」おり、これまで以上に多くの人が同じ発売時期に次世代機を手に入れようとしていると指摘した。しかし、マイクロフトの供給パイプラインがホリデーシーズンの後に追いつき始めるとの予測を述べた。

「ホリデー後の第3四半期、つまりマイクロソフトの第3四半期(暦の上では第1四半期)に向けて、供給不足が続くと思います。今後、4、5、6カ月間は供給が活発になるでしょう。そして、その時に需要プロファイルが本当に満たされ始めると予想しています。」

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。