2020年09月29日

Xbox Series X、11月10日に499ドルで発売か

マイクロソフトに焦点を当てたメディアWindows Centralは、Xbox Series XとSの両方の発売日と価格を明らかにした。新しいコンソールは11月10日に発売される予定で、Series Xの価格は499ドル(約5万3000円)、シリーズSは299ドル(約3万1800円)になるという。 DOT ESPORTSが伝えた。

Xbox Series Xは、一部のゲーミングPCに匹敵するハイエンドスペックを搭載しているため、価格が高くなることはすでに予想されていたが、Series Sは、レミアム価格を払わずに次世代機を楽しみたいプレイヤーのための、より小型で、費用対効果の高いゲーム機になりそうだ。

これは、Series XがXbox One Xの役割を担う、マイクロソフトの前世代のビジネスモデルを引き継いでいる。Series Sは、Xbox One Sを彷彿とさせる、内部の技術をいくつか削減したエントリーレベルの次世代コンソールだ。つまり、4K解像度と60 FPSが新しいゲームの標準となるようにしたい場合は、Series Xを購入するのが良いだろう。

リークされたプロモビデオは、Series Sは、Series Xのコンソールの内側に収まるよ程度に十分に小さく、通気口のセットが小さいコンソールの側面に設定されており、十分な空気の流れを提供することを示していた。

Xboxは、今月後半に予定されているイベントでこれらすべての情報を公式に紹介する予定であり、Xbox Game Passへの新しい追加機能も紹介される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。