2020年09月29日

Valve、2020年の「Dota 2 eスポーツ」サポートに関する批判に対応

Dota 2 のパブリッシャーであるValveは、コロナウイルスの流行時のeスポーツエコシステムの状況に関する最近の批判に対応したブログ記事を公開した。その中では、パンデミックの初期段階における同社の哲学や、The Internationalとそれに対応するサーキットの開催を延期するという決定についての見解が語られている。THE ESPORTS OBSERVERが伝えた

「地域を超えた競争やThe Internationalとの相対的な距離は絶対的な要件ではありませんが、The Internationalの機能として、またファンのための首尾一貫した商品として、
Dota Pro Circuit (DPC)は今のところ延期した方が良いと感じました。それを踏まえて、私たちの計画は、他のリーグやイベントが運営できるように、今後数カ月間をオープンで明確なものにするということでした。」

Valveは続けて、ゲームの公式サーキットや毎年3000万ドル以上のチャンピオンシップが開催されない中で、サードパーティのリーグやイベントが「影響を与える」ことを望んでいると述べている。しかし同社は最近、公式eスポーツロードマップのコミュニケーション不足や、数百万ドル規模のイベントを開催しているValve独自のイベントの隙間を埋めるサードパーティイベントへのサポートが不足していることから、大きな批判を受けている。他のどのゲームよりも、Dota 2 とそのチームやプロはこのような多額の賞金に依存しており、その不在はエコシステム、特にエリートで人気のあるチーム以外のチームにとっては大きな負担となっている。

投稿の中でValveはこれらのコミュニケーションの問題を認め、来たる対戦シーズンには 「EU/CISイベントで少なくとも4つのサードパーティイベントとリーグ、中国で3つのイベント、そしてまだ予備的な計画段階にあり現時点ではコミットできない他のいくつかのイベントが含まれる 」と述べている。その後、投稿はこれらのイベントが他の地域の多くのプレイヤーや主催者、ファンにまだサービスを提供できないことを認めており、Valveは今年の残りの期間にグローバルなDota 2のカバレッジを増やすために 「支援と財政的支援」を提供するために追加の主催者に手を差し伸べているという。

最後に、Valveは以前からリーグ戦への移行を発表していたDota Pro Circuitの再開に向けて、2021年初頭を視野に入れていると述べている。また同社は、最も可能性の高いシナリオとして、The Internationalが通常のスロットで2021年8月に開催され、理想的にはスウェーデンのストックホルムで開催されるとの以前の報告を確認している。この記事では、これが2020年のTI賞金プールにどのような影響を与えるかは示されていないが、現在は3500万ドル以上になっています。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。