2020年09月23日

【Dota 2】Dota Pro Circuit が向こう2カ月間中止に、コロナ懸念で

eスポーツ

Valveは、コロナウイルスの懸念により、Dota Pro Circuitメジャーおよびマイナーを少なくとも向こう2カ月間、中止する。DOT ESPORTSなど複数のメディアが伝えた。

Valveはきょう、プレーヤー、スタッフ、ファンを安全に保つため、4番目のDota Pro Circuitイベントを中止することを決定した。Dota Pro Circuitの3番目のメジャーとなるESL One Los Angeles Majorは、コロナウイルスの懸念によりすでに中止されている。

これは、4月23〜26日にクロアチアのスプリトで開催予定だったOGA Dota PIT マイナー 2020と5月2〜19日にロシアのモスクワで開催予定だったEPICENTER メジャー 2020の両方が中止され、The International 2020に至るまでのDPCサーキットのギャップを再スケジュールまたは埋める計画がないことを意味する。

(Covid-19のパンデミックの現在の状態と進展、および競技者、スタッフ、ファンに与える健康上のリスクを慎重に検討した結果、DPCシーズンの4番目のマイナートーナメントとメジャートーナメントを中止するという難しい決定を下しました。パンデミックと地理的な状況の両方の流動性が高いことを考慮し、状況を追跡し続け、週が進むのにつれて、シーズンの最後のメジャーとマイナーにアプローチする方法を決定します)

2019-2020 DPCシーズンは、3つのマイナーと2つのメジャーが終了しており、すでに中間地点を過ぎている。しかし、ESL One Los Angeles Major、OGA Dota PIT Minor、EPICENTER Majorがすべて中止されたため、最後の残りのDPCイベントは、6月20日〜28日に開催されるONE Esports Singapore Majorと、現在発表されていない5番目のマイナーとなっている。

Valveは、状況を注意深く監視しており、状況がファンやプレーヤーにとって安全でない場合、イベントを早期に中止する準備ができていることを明確にしている。 ONE Esports Singapore Major 2020と5番目のマイナーは、コロナウイルスの脅威が4月までに減少しなければ、中止される可能性が高い。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。