2020年10月01日

Valorantパッチ1.05、Razeが弱体化、コミュニティの反応は?

Killjoyがスポットライトを浴びているにもかかわらず、多くのValorantファンはパッチ1.05でRazeのキットが弱体化されたことに気づいている。ベータ期間中、Razeは潜在的にオーバーパワーであるという理由でプレイヤーから絶えず標的にされていた。彼女のアビリティが戦術的な戦略ではなく純粋なダメージに焦点を当てているため、Valorantのプレイヤーの中には正式リリース前に彼女をゲームから完全に削除したいと考えていた者もいた。

Riot GamesはRazeがゲームから削除されトーナメントから追放されることを求める声を明らかに無視してきたが、Valorantプレイヤーが抱いていた初心者狩りをするエージェントに対する懸念のいくつかにようやく対応したようだ。

Valorantパッチ1.05ではRazeの弱体化が導入
Razeの最初の大きな変化は、彼女のアルティメット、ショーズストッパーだった。Valorantの開発者は、装備時間を1.1秒から1.4秒に延長した。また、クイック装備時間も0.5秒から0.7秒に増加させた。また、ロケット発射時のVFXが減少した。ロケットの軌跡のVFXもわずかに減少している。

コミュニケーションアソシエイトのJeff Landa氏は「Razeが発射する際にプレイヤーがRazeに気付くことができるように彼女のVFXを調整し、よりリスクの高いプレイを行うRazeを撃つ能力を高めた 」と説明している。

Razeはまた、ブラストパックが弱体化している。Razeのブラストパックは壁に設置後、起爆させる事で近くの敵にダメージを与えるものだ。

パッチ1.05では、ブラストパックのダメージが75から50に減少し、かなり重要な機能の弱体化が行われた。しかし、オブジェクトへのダメージは600のままだ。

「Razeのブラストパックは、特定の状況で完全装甲の敵を殺すことができ、プレイヤーに少し強すぎる打撃を与えてきました。我々はこの能力のダメージを与える効果を減らしつつ、敵のユーティリティや障害物をクリアする能力を研ぎ澄ましたいと考えています」とLanda氏は語った。

これはRazeがダメージを与えすぎると信じている多くのValorantファンを満足させる可能性が高いだろうが、Valorantコミュニティの周りからの「Raze is OP(レイズはオーバーパワー)」の非難の声を終わらせるのに十分なインパクトを与えるかどうかはまだ明らかになっていない。

出所:WIN.gg

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。