2020年10月01日

【VALORANT】オーメンのバグ見つかる、ラウンド前にバインドのスポーンバリア回避

ヴァロラント(VALORANT)のプレイヤーが、購入フェーズ中にバインドのスポーンバリアから逃れることができる重大なオーメンのバグを発見した。このプレイヤーは「競争環境でこのバグを使用することを容認しない」とし、すぐにパッチが適用されることを望んでいる。DOT ESPORTSが1日伝えた

この不具合を再現するには、プレイヤーは味方がバインドAのショートクレートの上に立つ必要がある。オーメンがシュラウドステップを使ってチームメイトと一緒に箱の上に立つと、味方がスポーンバリアを “突き破る “ことができる。これにより、ラウンドが始まる前にバリアを完全に回避することが可能だ。

これは明らかにゲームを破壊するバグであり、対戦プレイにおいて多くの問題を引き起こす可能性がある。オーメンはポジショニングで先手を取り、そこに敵がいるとは予想していない相手チームを奇襲したり、側面を攻撃したりできる。また、このバグは比較的簡単に再現できるため、マッチメイキングの悪夢となることもある。

オーメンがヴァロラントで問題を起こしたのはこれが初めてではない。謎のエージェントはベータ期間中にスプリットのマップの外に出て、味方が煙を通して敵を見るのを助け、スパイクを仕掛けるためにヘイブンのCサイトのローディングクレートの中にテレポートすることができた。

このバグにRiot Gamesが気づいているかどうかは不明だ。しかし、問題が続く場合は、すぐにホットフィックスされる可能性が高い。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。