2020年05月25日

ウクライナのカジノ解禁法案、議会の第一読会を通過

casino

カジノやインターネットギャンブルを解禁するウクライナのカジノギャンブル法案が、議会での第一読会を通過した。ウクライナ政府は2009年にギャンブルの提供や参加を違法としており、これは記念碑的な一歩だ。Casino.orgが21日伝えた

法案2285-Dは、特定のホテルやオンラインでの規制されたギャンブルを許可する法律で、450議席のうち過半数の260票の賛成票を得た。

法が成立すれば、土地ベースのカジノ施設、オンラインギャンブル、スポーツ賭博、宝くじが認可される。最大20カ所のホテルカジノと10カ所のライセンス化されたオンラインカジノプラットフォームが創出される。200〜250室のホテルの場合、カジノ免許の入札は4170万フリヴニャ(UAH)(約1億8900万円)から始まる。 251室以上のリゾートの場合は2億8600万円近くになる。インターネットカジノの運営は、670万UAH(約3029万円)から開始する予定という。ウクライナ政府は、カジノの免許と関連する税金により、同法がウクライナに対して年間2億ドル(約220億円)以上を生み出す可能性があると推定している。

法制化までにはあと2回の読会を通過し、ヴォロディミール・ゼレンスキー大統領の承認を得る必要がある。

独立国家共同体(CIS)諸国市場にオンラインゲームやブックメーカーを提供しているPariMatchは次にようなコメントを出している。
「法案2285-Dの最初の読会での可決は、公平で透明なギャンブル市場を創出するための最初のステップであり、これが将来的には投資を誘致し、国に新しい技術を導入することになります。合法化されると、市場は数千の雇用を創出し、州および地方の予算に貢献し、観光の増加につながり、プロスポーツの腐敗に対抗するのに役立つでしょう。また、税収が増加すれば、ウクライナの文化、医療、スポーツを支援するために必要な資金を提供するでしょう」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。