2024年03月01日

韓国で10代のiGaming依存症が増加、治療機関のサービス提供不十分

韓国で10代の若者の間でギャンブル依存症が増加している。韓国ではiGamingは厳しく規制されているが、若いプレイヤーはしばしば規則や制限を回避する方法を見つけプレーしている。Gambling Newsが伝えた

若年層のオンラインギャンブルの増加は、依存症治療機関がサービスを必要とするプレーヤーに対応しきれていないことを意味する。実際、国立青少年インターネット中毒治療センターは、韓国でそのようなプログラムを提供する唯一の施設である。

このセンターは男女平等・家族省が運営しており、ギャンブル依存症に悩む人々に12日間のリハビリプログラムを提供している。患者がギャンブルに依存しないように対処し、依存症を克服できるように、スポーツや音楽演奏などさまざまな活動を提供しているが、このプログラムは多くの若い参加者の関心を引くことができていない。

同センターのシム・ヨンスクール所長はコリア・ヘラルド紙に、プログラムの期間が短いにもかかわらず、10代の若者の多くがプログラムを修了できず、早期に辞めてしまうと語った。例えば、最近入所した17人のうち、プログラムをすべて終了できたのは12人だったという。

これは、2015年に開設されたこのセンターが、増え続ける問題選手の救済に苦慮していることを示している。

若いプレイヤーほど依存症になりやすい
シム氏は、若い常習者の多くが衝動に勝てないと指摘する。さらに、オンラインギャンブルの普及に伴い、ギャンブル依存症に対する韓国の対処能力を強化する必要性を強調した。

データによると、ギャンブル依存症で治療を受けている10代の若者の数は、わずか4年間で75%も急増している。また、警察庁が最近行ったオンラインギャンブルの取り締まりでは、353人が逮捕され、そのうち39人が少年だった。調査によると、約2万8838人がギャンブル依存症になる恐れがあるという。

韓国カトリック大学医学部精神科のイ・ヘグク教授によると、10代はすでにデジタル分野にどっぷり浸かっているため、非常に脆弱な層だという。幼少期からインターネットにアクセスすることで、ギャンブルコンテンツに出会い、自らギャンブルを始める可能性が高まる。

翰林大学医学部神経学科のイ・ビョンチョル教授によれば、ギャンブル依存症は、たとえかなり早く治療できたとしても、若者の神経発達に深刻な問題を引き起こす可能性があるという。イ・ビョンチョル教授は、国家は学校、精神医療機関、青少年施設をつなぐシステムに資金を提供する必要があると指摘した。

 

シェアする