2020年08月08日

韓国のハナ銀行がT1と提携、eスポーツ金融商品開発へ

リーグ・オブ・レジェンドの世界チャンピオンで、SKテレコムとコムキャスト・スペクタクルの合弁会社であるT1エンターテインメント&スポーツが、韓国のハナ銀行と契約を結んだ。リリースによると、ハナ銀行はT1のファンのための金融商品を開発するという。THE ESPORTS OBSERVERが伝えた

ハナ銀行は、ソウル・江南市にあるT1の施設の1階部分の命名権を取得し、「ハナ1Q – T1 Hall of Fame」と命名した。また、ハナ銀行が所有するアプリケーションである「1Q Bank」の文字が、T1のジャージに刻印されることになる。

ハナ銀行の未来金融プロジェクトの責任者であるヨム・ジョンホ氏は、翻訳されたリリースの中で次のようにコメントしている。
「T1との提携により、ハナ銀行は若い世代への顧客基盤の拡大、ハナ1Qのブランド認知度の世界的な拡大、eスポーツを活用した金融商品分野の拡大など、飛躍的な成長を遂げていきます」

さらに、T1の選手は、この取引を通じて銀行から個人向けの金融サービスとアスリート向けの傷害保険を受けることになる。T1は、ナイキ、BMW、サムスンオデッセイ、ロジテックG、シークレットラボなどとも提携している。

T1のリーグ・オブ・レジェンドのプレイヤーであるLee “Faker” Sang-hyeok氏は、「私と他の選手たちがハナ銀行との提携を通じて、将来に備えて良い機会を得られたことを嬉しく思います」と話した。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。