2024年04月24日
casino

スターエンターテインメント、豪クイーンズランド州カジノでの違法行為に14万ドルの罰金

豪スターエンターテインメント社は、ブリスベンとゴールドコーストのカジノで、客がクレジットカードを使ってギャンブルするのを違法に手助けした罪などで14万ドルの罰金を科せられた。ABC NEWSが伝えた。

ブリスベン判事裁判所において、同社は計11の罪を認めた。

クイーンズランド州のカジノ法ではクレジットカードによるギャンブル用チップの購入を禁止している。裁判所によると、ブリスベンのトレジャリーカジノとスターゴールドコーストでは、多くの客がクレジットでチップを手に入れることができたという。これに関して7件の違反があった。
他の4つの容疑は、除外された常連客への宣伝資料の送付に関するものだった。

これらの違反は2017年、2018年、2022年に発生した。

シェーン・エリオット判事は、すべての犯罪には人為的なミスの要素があり、カジノにおける組織的な問題や、クイーンズランド州のカジノ管理法に対する「明白な違反」はなかったと述べた。

ニューサウスウェールズ州のゲーミング規制当局は2022年10月、スター社のシドニーライセンスを停止し、同社に過去最高額の1億ドルの罰金を科した。個室内でマネーロンダリングが行われ、多数のコンプライアンス違反が確認されたからだ。

昨年12月にクイーンズランド州で行われた同様の審査でも、スター社はマネーロンダリング防止と責任あるゲーミングの義務を怠ったため、同州で2つのカジノライセンスを保有する資格がないと判断され、1億ドルの罰金が科せられた。

株主は、組織犯罪とのマネーロンダリング(資金洗浄)のつながりを開示しなかったとして、同グループに対して集団訴訟を起こした。

スターエンターテインメントの広報担当者は、コンプライアンス義務を非常に重く受け止めていると話した。

「私たちは、規制当局、政府、株主、従業員、ゲスト、地域社会からの信頼を取り戻すことを目標に、クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の適正を改善し、回復させることに全力を注いでいます」

 

シェアする