2022年12月06日
casino

スタンレー・ホー一族、ポルトガルのカジノライセンス喪失の危機か

マカオのカジノ王として知られていた故Stanley Ho氏の一族は、カジノライセンスの再入札で競合がより高いオファーを提示したため、ポルトガルのカジノ利権を失う危機に直面していることがわかった。Inside Asian Gamingが伝えた

ブルームバーグの報道によると、ポルトガル最大規模の2つのカジノ、リスボンの「カジノ・デ・リスボア」と、カスカイスの「カジノ・ド・エストリル」のカジノの運営ライセンスが12月末に期限切れとなる。 Ho一族は、新たに15年間のコンセッションの入札を行った2社のうちの1社であるが、Ho一族を主要株主とし、Pansy Ho氏を会長とするEstoril Sol SGPS SAは、今週提出した書類で、「競合するオファーは、我々の子会社が提示したオファーよりも高い価値を有していた」と述べている。

Estoril Sol は、リスボン周辺にある2つの大型カジノのほか、小型のカジノ・ダ・ポボアとオンラインゲームやスポーツベッティングも運営している。2021年の売上高は1億3300万ユーロだった。

シェアする