2021年09月21日

韓国カジノは再び閉鎖、今年いっぱい顧客受け入れない見込み

韓国のカジノ含む統合型リゾート(IR)は、前例のないコロナウイルス感染者の急増に対処するため、今年の残りの期間中、施設を閉鎖する見込みだ。CalvinAyreが伝えた

韓国の文在寅大統領は、より多くのパンデミック検査とより良い追跡のための呼びかけを行った。最新の検査では4.2%の陽性率が示され、今年これまでの平均1.2%から急激に上昇した。新たな感染者は6日に631人に達し、この春のパンデミックの最初の波以来最大となった。

新たな感染の急増には、より厳しい社会的距離制限が必要であり、首都ソウルとその周辺地域は、少なくとも今月末まで厳しい新しい規則の対象となる。これは、ソウルに会場を持つカジノ運営会社グランド・コリア・レジャー(GKL)とパラダイスにとって、より一層の財政的な圧力となっている。

GKLは7日、11月下旬に閉鎖を余儀なくされたソウルの2つのセブンラックカジノが、少なくとも12月29日まで閉鎖されると発表した。先週閉鎖された釜山のGKLのカジノも、少なくとも同日まで閉鎖される。

GKL は以前、この閉鎖によって約55億ウォン(約5億3000万円)の損失を被ると見積もっていたが、これは現在では約13億6000万ウォンの赤字となっている。3つのカジノはすべて、パンデミックの制限のため、通常のキャパシティの20%しか稼働しておらず、その結果、11月の総売上高は10月から2分の1以上減少し、2019年11月の売上高は88%減少した。

GKLが国有企業であるのに対し、パラダイスは民間事業者であり、これが完全にシャットダウンすることへの抵抗感を説明しているのかもしれない。ソウルにあるパラダイスの施設パラダイスカジノウォーカーヒルは、最近のコロナ検査で陰性の結果を示せるとしてゲストを受け入れていたが、政府がこの中途半端な措置を長く容認する可能性はなさそうだ。

韓国国内最大のカジノで唯一地元住民の受け入れを認めている「江原ランド・カジノ(Kangwon Land Casino)」は7日、ソウルから北に約200kmの地域に、国のレベル2パンデミック緩和戦略が適用されたため、8日の午前0時をもって営業を終了すると発表した。

これは、10月に一般公開されたばかりの江原ランドにとって、今年3回目の閉鎖となる。同社は、いつ再開するかは不明で、1日の損失は約10億ウォンになると警告している。江原ランドは先月、2020年の最初の9カ月間の純損失が2425億ウォンであるのに対し、昨年の同時期の利益は2820億ウォンであったと発表した。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。