2024年04月24日

サッカー選手アイヴァン・トニー氏、賭博違反で8カ月の試合出場停止

イングランドのブレントフォードに所属するプレミアリーグのサッカー選手、アイヴァン・トニー氏が、フットボール協会(FA)の賭博規則に232件違反したことを認めた結果、8カ月間のプロサッカーからの出場停止処分を受けた。GAMBLING INSIDERCasino.orgが伝えた。

トニー氏は、ブレントフォードとイングランドのストライカーとして、2024年1月16日までチームでプレーできない。また、9月までチームメートとの練習もできない。また、罰金5万ポンドが科された。

トニー氏は、FAの規則E8に合計262回違反したとして告発された。その後、FAはこれらの違反のうち30件を取り下げ、残りの232件をトニー選手は認めた。この規則は、選手が全世界の試合に賭けたり、賭博目的で情報を共有することを禁止している。

違反行為は、トニー氏がスカンソープ・ユナイテッド、ウィガン・アスレティック、ピーターボロ・ユナイテッド、現クラブのブレントフォードでプレーしていた2017年2月25日から2021年1月23日までの間に発生した。しかし、トニー氏が違反した行為は、彼が直接関与していた試合には関連しておらず、試合操作の示唆も一度もなかった。

トニー氏はツイッターで以下のように記した。
「今日、FA規律委員会の公聴会に続いて、私に対する8カ月のサッカー出場停止通知を受け取った。次の8か月間プレーできないことに失望している。委員会の決定に対する書面による理由はまだ公表されていないため、この時点で他のコメントはしない。ただ家族と友人、ブレントフォードFC、そして私たちのファンに感謝する。彼らは、これが非常に困難な時期であるにもかかわらず、常に支えてくれている。私は次シーズン、大好きなゲームに復帰することに焦点を当てる」

多くの人々は、サッカーと賭博業界との財務的な関係を考えると、この処分は厳しすぎると指摘している。トニー氏がブレントフォードのためにフィールドに出るたびに、彼は胸にチームのジャージースポンサーである「ハリウッドベット」のロゴをつけている。

「クリーン・アップ・ギャンブリング」のマット・ザーブ・クーゼン氏はツイッターで次のように話した。
「トニー氏は、フットボーラーとして賭博を促進せざるを得なかった……当局はブッキーにスポーツをランダムな賭博イベントに変えることを許可した……一方で、選手の保護措置はドーピング検査をスキップするのと同等の制裁にすぎない」

3月には、ブレントフォードの監督トーマス・フランク氏が、トニー氏にとっての禁止処分は「刑務所の刑罰のようなものだ」と述べ、英国サッカーの賭博に関する「混乱したメッセージ」を批判した。

4月には、EPLが2025/26シーズン終了後からジャージーの前面に賭博のロゴを表示することを禁止することを投票で決定した。しかし、賭博広告はスタジアムの看板に依然として頻繁に見られるだろう。

 

シェアする