2023年10月03日
slot

インド政府、違法カジノアプリ対策を強化

インドでギャンブル業界が急成長を遂げており、規模が明らかに拡大している。それに伴い、違法な手段によりプレイヤーを引きつけようとする企業も増えている。メディアTYCOONS STORYによるとインド政府は2023年、不正行為や違法カジノへの対策を新たに実施し、大量のカジノや賭博アプリが禁止した。

インド国内のプレーヤーは、ギャンブルサイトやアプリの豊富なオファーと素晴らしいディールに喜んでいる。しかし、全てのプレーヤーがそこに潜む脅威を認識しているわけではない。それらは非常に巧妙に隠されているからだ。
例えば、今年2月、調査の結果、インド政府は144のカジノアプリの禁止を決定した。ブラックリストに掲載されたアプリには、ギャンブル業界で人気のある名前も含まれていた。これは、違法賭博とインド国民の保護という戦いで、政府が一切の妥協を許さないことを示している。これは、インドのプレーヤーにとって安全な環境を作るという明確な意向を示している。

しかし、インドのプレーヤーは心配する必要はない。楽しむためのアプリはまだたくさん存在している。問題となったのは、App StoreやGoogle Playのような主流のデジタル配信サービスでないアプリストアから来たものだ。禁止されたアプリは全て中国から来たもので、これは既存の問題だ。インドの消費者を保護するため、禁止措置が施行された。詐欺の犠牲にならないように、インドのギャンブラーは、カジノアプリの合法的なストアとディストリビューターを使う必要がある。

禁止されたアプリの背後にある問題は、それらの運営方法にある。調査の結果、ローンを組んで借金を作り、貸し出しアプリ自体に魅力を感じるユーザーへの賭博アプリの広告と、強い関連性があることが示された。これにより、インドのプレーヤーは、天文学的で法外な利率のローンに自分自身を債務不履行に陥らせる危険性があった。3%以上の利率で小額ローンを課金することが判明したアプリもあり、巧妙な詐欺だが、幸いにも公式に見つかった。また、業界でより有名なブランドを模倣していたブラックリスト入りのアプリも見つかった。

インド政府は消費者保護の一環として違法アプリの禁止措置をとっているが、これは政府が国内のギャンブルに関して安全対策として施行している唯一のことではない。今年に入り、ギャンブルを監督する自主規制団体を設立し、案内するためのガイドラインを作成し、発表した。
国内全体に賭博の広告に対する制限を導入すると同時に、あらゆる種類のメディアが賭博サイトの広告を控えるように求めた。この特定の件に対するガイドラインを含む既存の法律への修正案がすでに発行されている。そして、広告とは別の問題であるプロモーションにも適用された。

シェアする