2023年01月29日

電子ルーレットで1万8千ドル詐取、米犯罪組織との関与が疑われる男を逮捕

プエルトリコ警察は、デジタル・ルーレット機から約1万8000ドルを盗んだ男を逮捕したと発表した。警察によると、アメリカのギャンブル業界で著名な犯罪組織の可能性があるという。Casino.orgが伝えた

フロリダに住むキューバ出身のエドマニュエル・ビクトリア氏は、プエルトリコのコンダドにあるマリオット・ホテルのカジノで、デジタル・ルーレットを操作した罪に問われている。予備調査の結果、当局は、彼が米国各地のスロットマシンをハッキングするための組織の一員であるとみている。

カジノの警備員が今月初頭、ある種のキーを使って17回以上も装置を操作しているプレーヤーに気づいたのをきっかけに、ビクトリア氏の関与が濃厚になった。
数日後の12月9日、ビクトリア氏が再びカジノを訪れた際に、ホテルの警備担当者が彼を拘束した。彼のズボンの中には、1万4109ドルが犯行を可能にした鍵と共に詰められていた。
逮捕時、カジノはすでにビクトリア氏の写真を他のカジノに配布しており、誰もが警戒していたという。

警察はビクトリア氏を詐欺の疑いで調べており、彼の手口と身元が全米の他のカジノでの窃盗事件と一致するかどうかを確認している。
警察によると、ある機会に9600ドル、別の機会では9575ドルを盗んだ。ビクトリア氏は2件の詐欺罪に問われている。

保釈されたビクトリア氏は予備審問の12月22日に法廷に戻る予定だ。有罪の場合、詐欺罪で8年、窃盗罪で15年の禁固刑が科せられる。

デジタル・ルーレットマシンには、部品を収納するキャビネットに突然の動きがあった場合に、それを感知するセンサーが搭載されている。その動きによって機械がリセットされ、カジノ側に信号が送られるため、テストの計画が立てられる。ビクトリアは自分の鍵を使ってリセットを行い、この警告の送信を止めていた。

シェアする