2020年10月01日

【LoL】パッチ10.18で新機能、Clashで5人目のプレイヤー探しが簡単に

Riot Gamesはリーグ・オブ・レジェンドのパッチ10.18で、新機能を追加した。Clashタブでは、プレイヤーは自分をフリーエージェントに設定することができ、フリーエージェントであることは、友人やチームメイトの友人、最近一緒に勝った人に表示される。すでにClashのチームに所属している人がいるかどうかが簡単にわかるようにすることで、マッチアップするチームメイトを簡単に見つけることができるようになった。DOT ESPORTSが3日伝えた

このチーム構築機能はベータ版のため、当面は機能が限定される。また、Riotの開発者は「より多くの人を見つけるためだけにClashのクオリティが犠牲にならないようにしたい」と語っている。

Riotの対戦型ゲームプレイをリードするCody Germain氏はツイッターで次のように述べた。
「フィードバックや使用データに基づいて正しい方向に構築することができるよう、最初のイテレーションは意図的に非常にシンプルにしています。このバージョンでは、4人のプレイヤーがいるチームが選択肢がなくなったときに5人目のプレイヤーを見つけられるようになることを期待しています。」

これまでにも、土壇場での不測の事態により、Clashチームの4人目、5人目のメンバーを失う瞬間が何度もあった。このような状況が発生した場合、プレイヤーはフリーエージェント機能を使用して、ロックインフェーズが終了する前に空のスロットを埋めるプレイヤーを見つけることができるようになった。

次回のClashトーナメントでこの機能が成功した場合、Riotは今後もプレイヤー体験の向上に役立つ他の変更や微調整を進めることを検討していくという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。