2020年10月20日

Riot Games、ヨーロッパのeスポーツリーグの運営を統合

Riot Gamesは、現在 リーグ・オブ・レジェンド(LoL)ヨーロッパ選手権と EUマスターズを統括しているベルリン拠点のeスポーツチームの下に、ヨーロッパのeスポーツリーグの運営を統合する。チームの責任は、トルコ・チャンピオンシップリーグ、リーグ・オブ・レジェンド・コンチネンタルリーグ、すべてのヨーロッパ地域リーグ、中東でのeスポーツイニシアチブに拡大される。THE ESPORTS OBSERVERが伝えた

チームを率いるのは、2017年にRiotに入社し、2019年にヨーロッパのeスポーツ部門の責任者に就任したアルベルト・ゲレーロ氏(ヨーロッパ・eスポーツ・ディレクター)だ。また、ハンス・クリスチャン・デュール氏(元ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランドのeスポーツ責任者)は、CIS、トルコ、中東のeスポーツ責任者を務めることになる。これらの異動に関するRiot Gamesの発表は24日に行われましたが、LinkedInのプロフィールによると、ゲレーロ氏とデュール氏は共に2020年4月からこの発表に記載されている役割に就いている。

発表によると、「プレイヤーや視聴者の視点から」の変更は当分の間は最小限にとどまるというが、「Riot Gamesが全ての地域でeスポーツをレベルアップし続ける中、今後はヨーロッパとCISやトルコとのコラボレーションが増えることに気付くかもしれない」という。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。