2020年09月28日

IRリゾート・ワールド・セントーサ、コロナの影響で大幅な人員削減

ゲンティン・シンガポールが所有・運営するシンガポールの統合型リゾート(IR)のリゾート・ワールド・セントーサは、コロナウイルスの影響によるコスト削減策の一環として、一部のスタッフをレイオフすることを明らかにした。Inside Asia Gamingが16日伝えた

The Straits Timesの報道によると、リゾート・ワールド・セントーサは7000人の従業員のうち何人をレイオフにするのかを明らかにしなかったが、今回の人員削減は「重要なもの」と言われている。他の報道によると、その数は2000人近くになるという。

同社は声明で「私たちは、単発的な労働力の合理化を実施するという難しい決断を下しました。」と述べている。

影響を受けた労働者への補償条件について、リゾート・ワールド・セントーサと協力しているシンガポールの全国労働組合会議は、「コロナウイルスの流行は、観光産業に前例がないほど影響しており、即時かつ計り知れないものです」と話した。

今週初めには、シンガポールが2019年の同時期と比較して国内総生産が12.6%減少し、20年第2四半期に景気後退に陥ったことが明らかになった。

ゲンティン・シンガポールは以前、2020年第1四半期の売上高が前年同期比36%減の4億690万シンガポールドル、調整後EBITDAが55%減の1億4690万シンガポールドルと発表していた。

昨年、リゾート・ワールド・セントーサは33億米ドル規模の拡張を発表しており、1100室のホテルルーム、50%のゲーミングフロア面積の追加、複数の新しい非ゲーミングアトラクションの追加が予定されている中、今回のレイオフとなった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。