2021年10月21日

レインボーシックス シージのプレイヤー、テーマパークでの爆弾バグを発見

レインボーシックス シージのプレイヤーが、テーマパークのボムサイトの下に爆弾を仕掛けられるという新しいバグを発見した。これにより、攻撃者はボムサイトを押さなくても爆弾を仕掛けることができ、防御側を簡単に不利にすることができる。DOT ESPORTSが伝えた

あるプレイヤーが最近、試合中にこのバグを使用して敵に遭遇した映像をアップロードした。防御側は爆弾サイトの下に爆弾があることに気付き、爆弾を解除するために降下したが、時間内に解除することができなかった。このバグは複製するのが簡単で、他のプレイヤーもマッチで悪用しているのを見たことがあると確認している。

別のプレイヤーがライブビルドとテストサーバーでこの不具合を再現したところ、両方のシナリオで問題が発生した。しかし、そのプレイヤーはこの問題に関するアクティブなR6修正チケットを発見し、その中には他のプレイヤーからのいくつかのクリップも含まれていた。

チケットには各プラットフォームの複数のユーザーが証拠を提供しているため、このバグはPCとPS4で再現可能となっている。Xboxで問題が発生したクリップはないが、全てのプラットフォームで問題が発生している可能性が高いと思われる。

最新のレインボーシックス シージのデザイナーズノートは、全ての競技レベルに影響を与えているユーティリティメタを修正するユービーアイソフトの計画について示唆している。複数のオペレーターは、能力のバランスを取り、シージの視聴とプレイを容易にするように調整される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。