2020年11月24日

レインボーシックス シージ、コンソール向けXbox Game Passに10月22日対応

マイクロソフトは、『レインボーシックス シージ』がコンソール版のXbox Game PassとAndroid版のXbox Game Pass Ultimateに10月22日に対応すると発表した。プレイヤーはメンバーシップ割引を利用して、新しいオペレーターやレナウンブーストなどをアンロックするためのイヤー5パスを含むゲーム内アイテムを最大10%オフで入手することが可能。DOT ESPORTSが伝えた

『レインボーシックス シージ』は2015年にサービスが開始され、登録プレイヤー数は6000万人を超えており、eスポーツシーンで人気が高い。トム・クランシーの『レインボーシックス シージ』は、ユービーアイソフトが開発したオンラインタクティカルFPSゲーム。プレイヤーはレインボーシックスチームの中から専用のスキルやガジェットを持った異なるオペレーターを選び、包囲戦で敵を攻撃していく。

防御側は近代的な要塞に変えて環境を整え、攻撃側は偵察用ドローンを使って情報を得て攻撃計画を立てる。マイクロソフトは、「創造性と競争がこのゲームの中心にあります」と述べている。

ユービーアイソフトは常に新しいオペレーターやマップを追加している。最近のパッチノートでは、例えば10月8日にテストサーバー向けにリリースされたTachankaのリワークで一連のバフとナーフがもたらされた。

Xbox Series X/Sの発売が間近に迫っている今、『レインボーシックス シージ』はXbox Game Passの魅力の一つとなっている。次世代機は11月10日に発売される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。