2020年10月20日

パキスタンでPUBGの禁止継続、裁判所のブロック解除命令にもかかわらず

eスポーツアプリ3選

パキスタンの通信当局(PTA)はプレスリリースで、PUBGはパキスタン国内で引き続き禁止されると発表した。DOT ESPORTSが28日伝えた

パキスタンのニュースネットワークSamaaによると、今回の発表は、イスラマバード高等裁判所が4日前にPTAに対してPUBGのブロックを「直ちに」解除するよう命じた後のことだという。また、裁判所は当局に対し、禁止の理由を説明するよう求めていたという。

PUBGは7月1日に同国で禁止された。PTAは「ゲームは中毒性があり、時間の浪費であり、子供たちの身体的、心理的健康に深刻な悪影響を及ぼす」とする「多数の苦情を受けた」と述べている。

PTAは、プレスリリースで、ゲームは「パキスタンでブロックされたままでいなければならない」と述べた。 このプレスリリースでは、ゲームの禁止を解除するイスラマバード高等裁判所の命令については触れていない。

PTAは「主要な懸念事項に対処するための適切なフレームワークについてPUBGの経営陣に連絡した」と述べている。これらの重要な懸念事項は、ゲームの中毒性に関する当局の以前の声明に関連している可能性が高い。

PTAはこれらの問題に対処するためにどの管理者にアプローチしたのかは明らかにしていない。PUBG PCは、PUBG Corpがパブリッシングと開発を行っている。一方、PUBGモバイルとPUBGモバイル ライトはテンセント・ゲームズが開発している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。