2022年12月06日

米宝くじ、カリフォルニア州の1枚のチケットが20億4000万ドルの大当たり

米国を中心に販売されている宝くじのパワーボールで、20億4000万ドルの大当たりが出た。NPRなどが伝えた。

40回連続当選者なしという事態で当選金額が膨れ上がっていたが、2022年11月7日に20億4000万ドル相当の大当たりとなった。11月7日の抽選の当選番号は、10-33-41-47-56と赤のパワーボール10だ。

当選したチケットは、カリフォルニア州アルタデナのジョーのサービスセンターで販売されたものだ。

カリフォルニアで販売されたチケットは、5つの白球と赤のパワーボールの数字を正しく選ぶという、2億9220万分の1という長いオッズを克服した。
当選者は、現金一括払いを選択して9億9760万ドル相当を受け取るか、30年間にわたり年金化されたジャックポットの全額を受け取るかを選択できる。どちらのオプションも連邦税と州税の前の金額だ。

カリフォルニアのチケットは、アメリカ史上最も高額な宝くじの賞金となった。これまでの同国史上単一の最高額の宝くじ賞金は、2018年10月にサウスカロライナ州のプレーヤーが獲得した15億3700万ドルのメガミリオンズ賞金だ。

 

シェアする