2020年09月23日

オンラインスポーツ賭博のPinnacle、CS:GOプロリーグ「FLASHPOINT」の初のスポンサーに

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)のプロリーグ「FLASHPOINT」は、オンラインスポーツベッティングのPinnacleと、スポーツベッティングパートナーおよびリーグの最初の公式スポンサーとして提携したことを発表した。 FLASHPOINTは、新しいCS:GOのリーグであり、Gen.G、Cloud9、Dignitasなどの10のチームが共同出資している。ESPORTS OBSERVERが3日伝えた
発表によると、Pinnacleは、才能予測、特集試合のファン投票など、ショー前のアクティビティのタイトルスポンサーになり、また、プレイ中の賭けの最新のオッズを提供する。

リーグの創設チームの1つであるGen.G Esportsの共同創設者のKent Wakeford氏は、次のように述べている。
「私たちのビジョンを、持続可能で収益性の高いファンのために構築されたCS:GOリーグと理解してくれるPinnacleと提携できることを嬉しく思います。次世代の才能と選手を育成し、世界で最も面白いリーグの1つになると信じています。ファンにこれまでにない方法でFLASHPOINTと対話してもらいたいと思います。Pinnacleはそのレベルのエンゲージメントを私たちにもたらしてくれるでしょう」

Pinnacleオープンは3日、ロサンゼルスのFACEIT Studiosで開幕する。3月13日にロサンゼルスで開催されるFLASHPOINTオープニングウイークエンドのスポットを確保するため、8チームがLAN予選で競う。

対戦するのは北米予選のChaos Esports ClubとWe Are Orgless、南米予選のDetona GamingとRedemption POA、欧州予選のAvez EsportとSKADE GG、招待予選のBIG ClanとCopenhagen Flamesだ。これらのチームは、2月6〜17日のオープン予選ラウンドでプレーした3つの地域の1800人を超える参加者の中から勝ち上がった。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。