2020年09月29日

韓国カジノのパラダイスシティ、コロナ感染従業員増加で閉鎖延長

韓国で「パラダイス・ウォーカーヒル」「済州グランド」「釜山カジノ」「パラダイス・シティ」の4つの外国人専用のカジノを運営しているのパラダイスは、「パラダイス・シティ」で3人の従業員がコロナウイルスに感染したことを受け3日間閉鎖していたが、さらに3人の従業員に感染が拡大したことが判明し、閉鎖期間を9月7日まで延長すると発表した。Asia Gaming Briefが3日伝えた

感染拡大は2日の検査で発見され、徹底した消毒対策を実施してから迅速に再開するという会社の計画は無効になった。

ホテルとリゾートエリアは予定通りきょうの午後に再開される可能性もあるが、この最新のニュースは多くの潜在的な顧客を施設から遠ざけるが予想される。

感染者のうち2人は中華料理店でシェフとして働いている中国人だ。別の2人は韓国人で、同中華料理店のスタッフ、ホテルの秘書とみられる。

クラスターが発見された中華料理店は、少なくとも2週間は閉鎖されたままになると予想されている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。