2020年07月09日

人気のVRシューティングゲームOnward、Oculus Quest版が7月30日に発売

人気の高いマルチプレイヤーシューティングゲーム「Onward」が、7月30日にフェイスブックのVRヘッドセットOculus Quest登場する。UPLOAD VRが30日伝えた

Onwardは、シングルプレイヤー、協力プレイ、マルチプレイヤーモードを備えた現代的なミリタリーシミュレーションゲームだ。後者のオプションはこのゲームのメインとなるもので、最大10人のプレイヤーがさまざまなモードで試合に参加することが可能だ。Quest版では、SteamおよびOculus StoreでのPC VR版との完全なクロスプレイをサポートする。このゲームには、VRで最も永続的なオンラインコミュニティが存在しているが、今回のQuestの追加により、それがさらに強化されることになるだろう。

以下のトレーラーから最初のOculus Quesのゲームプレイをチェックできる。


開発者のDownpour Interactiveはきょう、このゲームの移植に際し、Shadow PointとAugmented Empireの開発者であるCoatsinkと協力していることを明らかにした。Coatsink はモバイル VR の開発経験が豊富で、Gear VR 用の最初のゲームの 1 つをエスパーでリリースしている。また、DownpourはUnityと直接協力して移植の最適化を行っている。

現時点で、このゲームはPC版のアーリーアクセスにとどまっている。Quest版のゲームは、今後のアップデートでそのバージョンのコンテンツと同等の内容になる。ゲームの価格は2480円だが、現時点では50%割引の1240円となっている。

Onward Oculus Questの発売日近くの7月16日には「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」、7月23日には「In Death.Unchained」が発売される。Onwardと一緒にチェックしてみてほしい。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。