2023年01月29日
online casino

オハイオ州で来年スポーツ賭博解禁、ギャンブル依存症対策も準備中

米オハイオ州で2023年1月1日からスポーツベッティングが解禁されるが、ゲームの提供業者だけではなくギャンブル依存症のカウンセラーも準備している。NBC4iが伝えた。

ギャンブル依存症のカウンセラーは、スポーツ賭博解禁でギャンブル依存症の問題を抱える人が増加する問題への対策を長い間準備してきたという。

オハイオ州コロンバスの街にはさまざまなスポーツベッティングアプリの広告があり、1月1日までに登録するようにと促している。別の場所に移動すると別の広告を見ることができる。

スポーツ賭博は厳密には新年まで始まらないが、メアリーヘブンのギャンブル介入プログラムの管理コーディネーターであるブルース・ジョーンズ氏は、スポーツ賭博に関連する依存症の問題を抱える人々をすでに助けており、さらに増えると懸念している。

「プレイヤーがゲームし続けるために、プレイヤーの顔の前に小さな黄金のニンジンをぶら下げている。しかし、それはビジネスです。私はそれを認識していますが、ギャンブラーにとって、それは難しいことです。トリガーです。よりアクセスしやすくなるということは、通常、より多くの依存症の可能性につながります。私たちはギャンブルに反対しているわけではありませんが、ギャンブルが問題になったときに、その解決策を提供できるようにしたいのです」

ジョーンズ氏は、ギャンブルをする人には、予算を決めてそれを守るようにアドバイスした。また、警告のサインを知り、行動を改めることもそのひとつだという。

オハイオ州内の臨床医も準備を進めている。オハイオ州ギャンブル問題ネットワークのアソシエイト・ディレクター、マイケル・バゼリ氏は、より多くの依存症カウンセラーがギャンブル問題の専門知識を持つように、トレーニングの機会を倍増させ、何年も前から準備してきたと述べた。

シェアする