2020年10月01日

北朝鮮、中国政府の反対によりカジノホテルをコンドミニアムに転換

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会の機関紙「労同新聞」によると、中国との国境に位置する新府市にある当初はカジノの予定だった25階建ての高層マンションに科学者や教育者が入居し始めたという。Inside Asian Gamingが20日伝えた

高層マンションは2つのタワーに囲まれたレンガ造りの楕円形の本館で構成されており、北朝鮮の創始者である金日成(キム・イルソン)の太陽をイメージしているという。

当初は中国人観光客をターゲットにしたカジノホテルとして計画されていたが、中国政府からの苦情を受けて計画が変更された。現在は科学者や教師の住居として利用されている。

北朝鮮は外国人観光客をターゲットにしたカジノで外貨を取り込もうとしている。北朝鮮の対外貿易の95%を中国が占めている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。