2022年09月28日

米ペンシルバニアのカジノで未成年がギャンブル、運営者に16万ドルの罰金

米ペンシルバニア州ゲーミングコントロールボードによると、マウントエアリーカジノリゾートのゲームフロアで、11歳から18歳までの子供や十代の若者がギャンブルをしていた。カジノの運営者には16万ドルの罰金が科された。lehighvalleylive.comが伝えた

同委員会によると、21歳未満の未成年者がカジノに出入りし、ギャンブルを行った事件が3件あったと主張している。11歳の少女は、両親が同席する中、10台のスロットマシンでギャンブルを行い、2枚のバウチャーを現金化した。

理事会は公開会議で、ペンシルバニア州北東部にあるマウント ポコノ・モンロー郡に拠点を置くゲーム事業者に、16万ドルの罰金を請求することを決定した。この合意は、Office of Enforcement Counselとリゾートの運営会社であるMount Airy No.1 LLCとの交渉の末に成立したという。

シェアする