MGM、サイバー攻撃の影響を受けた顧客にロイヤルティ報酬を提供へ

1 min read

MGMリゾーツインターナショナルは、9月のサイバー攻撃の影響を受けたMGMリワードロイヤルティプログラムのメンバーに、無料宿泊などのプロモーションを提供する。YOGONETが伝えた。

X(旧Twitter)アカウント@VitalVegasの投稿でMGMは、「9月の間、変わらぬ忠誠と忍耐心を示してくれた皆様に心からの感謝を申し上げます。私たちは、感謝の気持ちを伝えるために、より詳細な内容を決定するために努力しています。これはほんの始まりに過ぎず、間もなく発表される更なる計画も進行中です。」と述べている。

MGMリゾーツインターナショナルは、9月のサイバー攻撃を受けて9日間営業を中断した。現在、顧客向けの主要な機能の大部分が復旧している。

MGMは先週、このサイバー攻撃を正式に認め、この事件による100万ドルのキャッシュフローの損失を予想していると明らかにした。サイバー攻撃は、米国全体のホスピタリティ、ゲーム、エンターテインメントの広範なネットワークに影響を及ぼした。

金融的な影響の大部分は、第3四半期に感じられると予想されており、今月末または11月初めに財務結果を発表する予定。

Caesarsエンターテインメントも8月にサイバー攻撃の被害を受けた。ハッカーに多大な身代金を支払ったが、MGMよりもシステムへの損害は少なかったようだ。Wall Street Journalによれば、ハッカーに要求された3000万ドルの身代金の約半分を支払った。

You May Also Like

More From Author