2024年04月17日
casino

IGT、パンマレーシアンプールズとの10年契約を更新

インターナショナル・ゲーム・テクノロジー(IGT)は、IGT グローバル・サービス・リミテッドとIGTグローバル・ソリューションズ・コーポレーションの子会社を通じて、パン・マレーシア・プールズ (PMP)との契約を10年間延長した。新しい技術を導入し、マレーシアの宝くじを近代化する取り組みの一環。Gaming Insiderが伝えた

IGTは、Auroraという中央宝くじシステムをPMPに供給し、業務運営の管理をサポートする。

PMPのマネージングディレクターであるTan Kong Han氏は、「過去12年間、IGTはPMPが市場に革新的で責任ある成長を促進する宝くじソリューションを導入するのを支援することで、先進的な宝くじの専門知識を示してきた。」と述べた。

また、「IGTの洗練されたAurora中央システムと高度な機能、私たちのdmcGOプラットフォームとの統合は、PMPが次の10年間にわたり、魅力的で便利な宝くじ体験を提供するのを助けるでしょう」と続けた。

IGTのグローバルロッタリーCOOであるJay Gendron氏は、「この契約延長は、PMPとIGTがマレーシア全体での宝くじの提供を近代化するために協力を続ける中で、新しい章のスタートを意味している。私たちの世界クラスのAuroraシステムと特別な機能は、PMPに貴重な洞察を提供し、彼らのビジネスの成長をサポートするものだ。」と話した。

シェアする