2021年03月04日

マルタの賭博規制当局、疑わしい賭け活動を報告するプラットフォームを提供開始

マルタの賭博規制当局であるマルタゲーミングオーソリティ(MGA)は、疑わしい賭け活動を報告するために使用できる新しいオンラインプラットフォームの立ち上げを発表した。このプラットフォームは11月23日からすでに運用を開始しており、マルタのライセンスを持つオペレーターは、2021年1月1日に予定されているローンチに先駆けて利用している。GAMBLING NEWSが伝えた

オンライン報告プラットフォームは、Suspicious Betting Reporting Mechanism (SBRM)と呼ばれており、マルタのすべてのライセンスを持つスポーツベッティングオペレーターが利用できる。MGAのプラットフォームに提出された各報告書はMGAのスポーツ・インテグリティ・ユニット(SIU)によって審査される。

MGAは、SBRMの最初の開始は2021年1月1日に予定されていたことを明らかにした。実際には1月1日から、マルタでライセンスを取得したオペレーターが疑わしい賭け活動を規制当局に報告しなければならない。

しかし、規制当局はオペレーターがよりスムーズに移行できるように準備するために、予定日よりも前倒しでプラットフォームを導入した。このツールを早期に導入することで、MGAはまた、必要に応じて変更を準備し、実施する機会をライセンスを取得したオペレーターに与えている。

今年初め、規制当局は5月に「疑わしいベッティングの報告要件等について」というコンサルテーションペーパーを公表した。この協議の目的は、MGAがスポーツとスポーツベッティングの完全性を守るために実施を計画しているベッティング報告要件案に照らして、オペレーターからのフィードバックを集めることにあった。その結果、SBRMプラットフォームが作成された。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。