2024年03月05日
online casino

マルタ賭博局、Green Feather OnlineのB2Cライセンスを停止

マルタのゲーミング規制局マルタ・ゲーミング・オーソリティ(MGA)は、オペレーターのGreen Feather Onlineのライセンス停止を命じた。YOGONETが伝えた

Green Feather Onlineは、マルタで認可されたB2Cゲーミングサービスライセンスを使用してサービス提供していた。
ライセンスに基づき、GreenfeatherはBcasino.com、Bcasino.in、Boocasino.com、Boocasino.co、Galacticwins.com、Mrfortune.comを運営していたが、、同国のゲーミングコンプライアンスおよび施行規則のいくつかのセクションで違反があり業務停止になった。違反は主に当局への財務情報の提出に関するものであった。

規制当局は、Geen Featherがゲーミング認可およびコンプライアンス指令(2018年指令3号)の第41条(1)および第41条(2)(a)に違反したと述べた。
第41条(1)では、ライセンシーは会計年度の8ヶ月目の末日までに、その年の最初の6ヶ月間の経営勘定を提出することが義務付けられている。一方、第41条(2)(a)では、ライセンシーは会計年度末から180日以内に監査済みの財務諸表をMGAに提出することが義務付けられている。

MGAはゲーミング業務を遂行する権限を失ったが、すべての登録プレーヤーのプレーヤーのアカウントを保持し、要求に応じてアクセスできるようにする必要がある。

当局はまた、適用される法律に従い、プレーヤーの信用に関わるすべての資金を払い戻すよう指示した。

MGAは先に、ゲーミング規制に対する複数の違反によってSFJLホールディングの認可を一時停止している。これらは、事業内の重要な変更と、これらの変更を規制当局に通知する要件に関連していた。

当局は先週、EGMIT Elite LimitedのB2Cゲーミングサービスライセンスを取り消している。先月は、Tipsterにも業務停止処分が下っている。

シェアする