2022年09月28日

マカオのジャンケット企業元会長、違法賭博やマネロン容疑を否定

マカオのカジノ業界で著名なAlvin Chau氏は、違法賭博、犯罪組織の運営、マネーロンダリングなどの容疑を、19日の公判で否定した。ロイター通信が伝えた

Alvin Chau氏は、中国本土で違法賭博を行ったとして2021年11月に逮捕されている。逮捕から1カ月後まで、ハイローラーの仲介業務を行うマカオのサンシティ・ジャンケットの会長だった。

Alvin Chau氏は第一審で、違法賭博の運営やマネーロンダリングを行っていないと主張。ギャンブルやマーケティングが禁止されている中国本土で、ギャンブルを推進したサンシティのメンバーはいなかったと述べた。サンシティはコロナウイルス発生前の2019年まで、マカオのゲーム収益全体の約25%を占めるほどの有力企業だった。

ジャンケットは、富裕層がギャンブルをしやすくするよう仲介する業務。カジノ運営会社に代わり、資金貸しや借金回収を行っている。

シェアする