2020年09月28日

マカオのGGR、8月中旬から徐々に改善へ=JPモルガン

投資銀行JPモルガンによると、マカオのゲーム総収益(GGR)は8月中旬から徐々に改善していく可能性が高い。しかし、ゲーム事業者が損益分岐点に達するまでにはあと2カ月はかかるという。Inside Asian Gamingが3日伝えた

ゲーミング検査調整局(DICJ)が発表したマカオの7月のGGRは、今月も大幅な減少を示したが、JPモルガンのアナリストであるDS Kim氏、Derek Choi氏、Jeremy An氏は、最近の中国本土との国境規制の緩和が効果を発揮し始めるまでには時間がかかるだろうと述べた。

予想通り7月15日に始まったマカオ・広東省の「旅行バブル」は、観光ビザ(IVSやパッケージツアー)の発行が停止されたままのため、ゲーム需要にはほとんど役に立っていない。

JPモルガンは「筋金入りのハイエンドプレーヤーが使用できるビジネス許可証は、手配/発行に3〜5週間かかります。従って私達はこのビジネス許可証について深読みは避けますが、特にVIP向けのGGRは8月中旬から徐々に改善し、一部のハードコアなプレイヤーがビジネス許可証を介して戻ってくると予想しています」と述べた。

「6つのカジノ事業者すべてがプラスのEBITDAを計上でき、損益分岐点は2019年の水準の35%から45%程度で推移しているため、この50%のマークが重要であることに注意してください。四半期ベースでは、GGRは20年第4四半期で2019年レベルの55~60%、21年第1四半期で85%、21年第2四半期で90%に回復し、21年第3四半期で最終的に100%に達すると予想しています。」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。