2023年10月03日

マカオのカジノ運営MGMチャイナが黒字四半期達成、海外売上高の拡大を計画

マカオのカジノ運営会社MGMチャイナは、ゲーミング業界全体が回復する中、第2四半期に黒字転換したことを受け、今後の成長を促進するため、海外の営業・マーケティングチームの拡大とゲーミングテーブルの増設を計画している。サウス・チャイナ・モーニングポストが伝えた。

ニューヨーク上場のMGMリゾーツ・インターナショナル・ホールディングス傘下の同社は、6月までの3ヶ月間、6億6960万香港ドル(約122億円)の純利益を計上した。前年同期の13億7000万香港ドルの赤字から回復した。売上高は前年同期の11億2000万香港ドルから58億香港ドルに増加した。

半期ベースで、純利益は8億2090万香港ドルに達した(前年同期は24億香港ドルの損失)。
MGMチャイナの社長兼最高執行責任者(COO)であるHubert Wang氏によると、マカオの国境規制終了後の回復を利用するため、同社は各施設にテーブルを増設するという。「7月の業績は非常に力強く、堅調」と強調した。

MGM チャイナは、改善する市場をアウトパフォームしたと述べた。第2四半期において、同社のカジノであるMGM マカオとMGM コタイの来場者数は、パンデミック前の2019年第2四半期の水準の95%まで回復したが、市場全体は67%までしか回復しなかった。MGMによれば、1日の総ゲーミング収入(GGR)は、市場全体が62%であったのに対し、MGMのカジノでは2019年の水準の98%に達した。

MGMチャイナの株価は木曜日、香港で7%上昇し10.88香港ドルとなった。
Hubert Wang氏は「営業チームの拡大も視野に入れている。MGMリゾートが持つ国際的なネットワークを活用し、海外市場を押し上げるつもりだ」と話した。

今のところ、プレミアム・セグメントが回復の原動力となっているが、長期的な成長は、ゲーミング以外の収益源がより貢献し、北京の景気刺激策が観光客の訪問を増加させることで、広範な性質になるとWang氏は考えている。

MGMのライバルであるサンズ・チャイナは2週間前、第2四半期に1億8700万米ドルの純利益を計上し、前年同期の4億2200万米ドルの純損失から大幅に改善した。

UBSが8月1日に発表した調査報告書によると、2023年上半期のスタート時点では、1日平均GGRは前月比で順次改善しており、回復の勢いは堅調なようだ。
JPモルガンは、マカオの回復がファンダメンタルズを重視する投資家にとって「魅力的な買い場」を提供すると考えている。

シェアする