2021年03月08日

K-POPグループTwice、LoL架空バンドK/DAのニューアルバムに参加

リーグ・オブ・レジェンドの架空のK-POPグループK/DAのニューアルバムに、実在のK-POPグループTwiceなど、数人の歌手が参加することがわかった。DOT ESPORTSが伝えた

Twiceは、総勢9人のメンバーで構成された人気K-POPグループ。2018年の楽曲Cheer Upで知られるグループで、ビルボードのK-popトップ100チャートで4回1位を獲得し、他にも多くの楽曲がトップ10に入っている。

K/DAは2018年にリーグチャンピオンのAhri、Akali、Evelynn、Kai’SaをフィーチャーしたバーチャルK-popグループとして誕生し、最近では新チャンプのSeraphineを迎えてコラボレーションを行っている。メンバーの声はそれぞれ(G)I-dleのメンバーであるMiyeonとSoyeon、Madison Beer、Jaira Burns、Jasmine Clarkeが担当している。

しかし、それぞれの曲に使われている声はいつも同じではない。例えば、The Baddest という曲では、Madison Beer とJaira Burnsの代わりに、Bea MillerとWolftylaが担当している。

Riot Gamesは、各曲にどのキャラクターが登場するのか、また、Jihyo、Nayeon、Sana、 Chaeyoungがどの曲を担当するのかを発表していない。しかし、Miyeonと SoyeonはAhri とAkaliの声を担当することになるだろう。

K/DAは最近、「ALL OUT」の2番目のシングルとして「More」を発表。これは11月7日にEPとして発売される予定だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。