2023年01月29日
macau

JPモルガン、マカオGGRの完全回復は23年Q2予想

投資銀行JPモルガンは、マカオのゲーミング事業者の2023年第1四半期の推定収益を上方修正した。コロナ以前の状態に戻るまで、当初の2024年半ばの予想から23年の第2四半期に早めた。World Casino Newsが伝えた。

マカオ、香港、中国本土間の国境制限が、1月8日にほぼ撤廃され、香港とマカオを結ぶフェリーが再開された。

香港とマカオの国境をたった1日で5630人が通過しており、総入場者数は3万9606人で、1日あたりの平均入場者数を153.5%上回った。

JPモルガンのアナリストであるDSキム氏は、これらの変更が今後のカジノ業界に段階的に貢献すると見ており、市場は予想よりも早く回復するだろうと指摘した。

今年第1四半期にプラスのEBITDA、第3四半期からプラスのフリーキャッシュフローを見込んでおり、GGR水準は3月は35%以上、6月期については50%を超えると予測。

マスゲームとノンゲーミングのGGRが、コロナ以前の2019年のレベルに完全回復する時期について、これまでの2024年半ばと予測していたが、23年の第2四半期に変更した。

 

シェアする