2020年11月24日

インド・ゴア州とシッキム州のカジノ、11月1日から再開へ

インドのゴア州とシッキム州のカジノは、今週日曜日の11月1日から営業再開する許可を与えられ、8カ月以上ぶりにゲストを迎える。Inside Asian Gamingが伝えた

地元のゲーム業界のウェブサイトGLawsのレポートによると, ゴアの首相は水曜日に待望のニュースを配信し、次のように述べた。
「11月1日から、カジノの開始を許可しました。 カジノ事業者は、内務省から発行されるすべてのSOPに従い、通常の顧客収容能力の50%で営業再開できます。 私たちは観光活動を促進する必要があります。」

このニュースは、最近、2020年6月30日までの3カ月間、2億8200万ルピー (約3億9800万円)の損失を報告した国内最大のゲーミングオペレーターであるデルタ・コープへの大きな後押しとなる。同期間のグループ全体の収益は68.5%減の6億1310万ルピーとなったが、収益の大半を占めるオンラインゲーム収益の前年比60%の増加がなければ、それ以上になっていただろう。デルタ・コープのオンラインゲーム資産には、オンラインポーカーサイトAdda52.com、オンラインラミーサイトAdda52rummy.com、オンラインファンタジースポーツサイトLeagueAdda.comが含まれる。

デルタ・コープは今週初め、オフショアカジノ「Casino Royale」を建設したインドの造船所の45%の株式を取得したと発表した。

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。