2024年04月17日

カジノ通いの寺院会計士、小切手偽造し2000万円以上を詐取

シンガポールの寺院 Hong San Temple Associationの会計士が、寺院の資金を盗んでいたことが発覚し逮捕された。小切手を偽造して20万7000シンガポールドル(約2078万円)を不正に引き出し、その資金で毎日のようにカジノに通っていた。CNAが伝えた

逮捕されたのは、中国国籍のLi Fanfang氏。寺院で唯一の事務員兼会計士で、ギャンブルにのめり込んでいた。
寺院では金銭を支出をする場合、正規署名者による署名付きの小切手を発行していた。Li 氏は消せるペンを使ってベンダーの名前を書き入れ、寺院の署名者から署名をもらった後に、受取人を自分の名前に変更していた。

Li氏はこの手口で1年間で16枚の小切手の受取人を変更し、有価証券を偽造した罪で、3年の懲役を言い渡された。

同氏は逮捕される前、寺の資金を盗んだことを告白する手紙を寺院に残してシンガポールを離れた。しかし、シンガポールに戻り出頭した。

寺の資金は全て、一般からの寄付金でまかなわれていた。この犯罪は寺院に対して行われたもので、返還は行われていない。

マリーナ・ベイ・サンズの記録によると、Li氏は毎日のようにカジノに入場しバカラをしていたという。

シェアする