2021年09月22日

ハードロック・インターナショナルと元TSG役員、iGamingとスポーツベッティングのJV設立

カジノ運営会社の ハードロック・インターナショナル (HRI) は、元スターズ・グループ (TSG) の幹部 3 人との間で、新たな iGamingとスポーツベッティングのジョイントベンチャーを立ち上げた。 CalvinAyreが伝えた

HRIは14日、「インタラクティブゲーミングおよびスポーツベッティングのためのハードロック、セミノールゲーミング(SGA)の世界的な独占ビークル」となるハードロック・デジタル(HRD)の立ち上げを発表した。HRD は、この新しいジョイントベンチャーを全面的に支援するSGA、HRI、そのパートナーによって全額出資される。

これらのパートナーには、TSGの元最高経営責任者(CEO)のラフィ・アシュケナージ氏が含まれている。アシュケナージ氏は、来年からHRDのエグゼクティブ・チェアマンを務める。

また、元 TSG のリーガル・イーグルであるマーロン・ゴールドスタイン氏が JV の CEO を、元 TSG の米国向け事業の責任者であるマット・プリモー氏が HRD の社長を務める。元TSGの著名人3人全員はまた、エグゼクティブ・マネージング・ディレクターを務める。

HRI のジム・アレン会長は、フロリダ州ハリウッドにあるセミノール族の拠点から HRD の会長を務める。アレン氏によると、HRDはHRIの代表として「デジタルビジネスの拡大」を図る一方で、「米国内および世界的な戦略的なブランディングと流通の機会」を追求しているという。

HRIのニュージャージー州のオンラインカジノは、11月に前年比189%増の630万ドル(約6億5000万円)の収益を上げ、オンラインスポーツベッティングサービスでは36万3000ドルの収益を上げている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。