2024年03月02日
北海道がIR誘致レースから離脱

ギリシャのギャンブル規制当局、自己除外登録の創設など規制の大幅な変更を検討

ギリシャのギャンブル規制当局ヘレニック・ゲーミング委員会(EEEP)が、ライブストリーミングプラットフォームKickのギャンブルコンテンツを問題視した末に禁止した出来事を受けて、規制を大幅に変更しようとしている。自己除外登録、個々のプレイヤーカード、ライブディーラー用のスタジオスペースの導入について協議を開始した。Gambling Insiderが伝えた

ヘレニック・ゲーミング委員会はギリシャのカジノ運営方法に関する一連の変更に向けて準備を進めているが、なかでも、ギャンブルをしばらく休みたいプレーヤーのための全国的な自己排除登録の創設、個々のプレーヤーカードの導入、カジノスタッフの教育・研修プログラムを重点項目として挙げている。

自己除外登録について、規制当局は、禁止期間や禁止要請を受けたライセンシーの身元情報など、当該プレーヤーに関する具体的な情報を収集する義務を負う。

もし、この規則が承認され、法制化されれば、プレイヤーたちは7日間から10ヶ月間まで、任意の期間において自己除外登録が可能となる。

自己除外登録の解除は選択された期間の終了時にのみ許可される。自己除外申請を提出したプレイヤーからの明示的な禁止解除申請が必要となる。

同草案には、すべての認可を受けたカジノは、ライブディーラーゲーム運営用のライブスタジオを持つべきだという考えも含まれている。オペレーターはまた、これらのライブスタジオに専用の機器を設置しなければならない。

また、オンライン・プレーヤーのアカウントに接続しながら、実店舗のカジノ・ゲームに参加できるよう、個別のプレーヤー・カードを作成することもできる。

認可を受けたカジノは、トレーニング・マネージャーが監督する一連の教育・トレーニング・プログラムを通じて、その国のギャンブル規制の内容に関する専門的なトレーニングを提供することを余儀なくされる可能性がある。

追加提案では、財政的な安全準備金の義務化や、カジノの営業時間に関するより見やすい通知の使用など、多くの最適化手続きを目指した。

法律案に含まれる提案は、9月15日まで審議される。ギリシャのギャンブル市場のメンバーによって承認された場合、措置は国民経済・財務省によって実行に移される。

先週、同国のギャンブル規制当局は、ソフト2ベットに7年間の企業間A1タイプのライセンスを付与し、将来の開発計画を補完した。

昨年5月、ギリシャはオンライン賭博に設定されている2ユーロの上限を引き上げると同時に、スロットのジャックポットの最高額も引き上げると発表した。

シェアする