2024年03月05日

米スポーツ専門チャンネルESPN、スポーツブック参入

米スポーツ専門チャンネルESPNは8日、カジノ会社のペン・エンターテインメントと10年契約を結び、オンライン・スポーツ・ベッティング・ブランド「ESPNベット」を立ち上げると発表した。The New York Timesが伝えた

ペンがオンライン・スポーツブックを運営する。ESPNの名前、マーケティング、「ESPNのタレントへのアクセス」、その他のプロモーション・ツールの利用料としてESPNに現金で15億ドルを支払うほか、5億ドルの株式購入オプションを提供する。

ESPNのジミー・ピタロ会長はニュースリリースの中で、ESPNの強力なブランドとペンのテクノロジー、スポーツブックの運営経験が組み合わさることで、「ベッティングに興味を持つ消費者の数が増え続けている中で、サービスを提供する絶好の機会」になると考えていると述べた。

ペンの最高経営責任者であるジェイ・スノーデン氏は、この買収を「変革的なもの 」と呼び、ペンが 「北米エンターテインメントのリーダー」へと進化し続ける助けとなるだろうと話した。

この取引の一環として、ペンはスポーツ・メディア企業であるバーストゥール・スポーツを創業者のデイヴィッド・ポートノイ氏に売却する。ペンは2020年に一部株式を取得した後、今年ポートノイ氏から同社の全権を買い取った。また、Barstool Sportsbookブランドはペンのオンラインスポーツブックの名称であり、DraftKingsやFanDuelといったライバルとの競争に苦戦していた。ESPN Betがそのブランド名に取って代わることになる。

爆発的な人気を誇るスポーツギャンブルの世界で、ESPNとペンが手を組むことになった。最高裁がほとんどの州でスポーツ賭博の合法化を禁じていた法律を覆してから5年後、半数以上がスポーツ賭博を合法化し、アメリカ人は2018年以降、2200億ドル以上を合法的にスポーツに賭けている。

ESPNを含め、スポーツの試合に賭けることを勧める広告や有料スポンサーシップはテレビに浸透している。ESPNは長い間、このスポーツブックの人気の波に乗る最善の方法を検討しており、すでにシーザーズ・エンターテインメントとドラフトキングスと2つの小規模な契約を結んでいた。

ディズニーが所有するESPNは、多くの人にとってスポーツエンターテイメントの代名詞だ。しかし、同社はまだ利益を上げているものの、コストは高騰しており、ストリーミング時代に適応しようとしているため、ケーブルのコードカットによって収益が悪化している。ESPNは6月に著名な放送局員を解雇し、ディズニーのロバート・A・アイガー最高経営責任者(CEO)は、同社の少数株式の売却を検討していると述べた。

シェアする