2021年10月21日

韓国カジノGKL、20年10月の売上高は前月比18%改善

korea casino

韓国観光公社傘下で、「セブンラック」ブランドのカジノをソウルで2カ所、釜山で1カ所運営するグランド・コリア・レジャー(GKL)は、10月のカジノ売上高が前月比18.0%増の111億1000万ウォン(約10億2700万円)だったと発表した。Inside Asian Gamingが伝えた。

2カ月連続で減少していたテーブルゲームの売上高は17.2%増の91億6000万ウォン、スロットマシンの売上高は22.0%増の19億5000万だった。しかし、カジノ全体の売上高は2019年同月比で69.5%減だった。

世界的なコロナウイルスのパンデミックとそれに続く海外旅行の制限により、GKLは引き続き深刻な打撃を受けている。今週、韓国の別のカジノ事業者パラダイスは、10月の売上高が前年同月比72.2%減の223億6000万ウォンだったと報告している。

2020年の最初の10カ月間を通じ、GKLのカジノ売上高は前年比54.5%減の1805億4000万ウォン、テーブルドロップは63.6%減の1兆3700億ウォンとなっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。