2021年01月23日

グーグルのクラウドゲーム『スタディア』、無料期間・遊べるゲームの種類など詳細

グーグル スタディア

グーグルのクラウドゲームサービス『Stadia(スタディア)』が発売されて約1年。話題の『サイバーパンク2077』もスタディアでプレイ可能です。日本ではまだスタディアはサービス提供されていませんが、当初は2020年以降と言われていたので、まもなくではないかと期待されています。
このクラウドサービス『Stadia』がどのようなものなのか、どのような仕組みなのか、試してみるためには何をしなければならないのか、遊べるゲームはどれか、など気になっている人はまだまだ多いはず。そこで今回の記事では、グーグル スタディアについてわかっていることをご紹介します。


スタディアを使うためには、対応しているハードウェアがあることを確認する必要があります。そのハードウェアとは、テレビではChromecast、PCではChromeブラウザ、PixelフォンなどのAndroid端末ではStadia専用アプリです。サポートされているAndroidデバイスを確認するには、ここをクリックすると、適切なギアを持っているかを確認できます。

グーグル スタディアとは?

グーグル スタディアでは、グーグルのサーバーがすべてを処理し、クラウドを介してプレイヤーに送信することで、プレイヤーが所有しているほぼすべての画面で最新のゲームをプレイすることができます。心配するダウンロードやインストールはありません。使っているデバイスがGoogle Chromeブラウザを実行できれば、グーグル スタディアで遊ぶことができます(ただし、4K、HDR、または5.1サラウンドサウンドではありません)。スタディアは、テレビ(Chromecast Ultraを使用)、デスクトップコンピュータ、ラップトップ、タブレット、スマートフォンでの再生をサポートしていますが、現時点ではPixel 3と3aモデルのみです。

インターネットで処理できる場合、スタディアは、HDRを備えた4K解像度でゲームプレイをストリーミングし、60fpsで5.1サラウンドサウンドをすべて35Mbps以上の速度のインターネット接続を介してストリーミングが可能です。そして、インターネットがそれほど速くない場合でも、スタディアは、ある程度のグラフィック品質を犠牲にしてさまざまなインターネット速度をサポートします(推奨される最小速度は10 Mbpsです)。プレイヤーの選択したプラットフォームがグーグルの便利なスピードテストサイトを使用してスタディアの準備ができているかどうかを事前にチェックすることができます。

グーグル スタディアの仕組みは?

グーグル スタディアの速度

クラウドゲーミング、つまり物理的なコピーを必要としないゲームのストリーミングでは、ローカルデバイスの代わりにリモートサーバー上でゲームをレンダリングします。そのゲームは、コントローラ(またはマウスとキーボード)での入力がサーバーに送信されている間に、使っているデバイスにストリーミングされます。

スタディアでは、2 つの方法のいずれかでクラウド経由でゲームをプレイすることができます。月10ドルでStadia Proのサブスクリプションを購入すると、コンピュータのリモートサーバーにあるスタディアのゲームライブラリにアクセスするか、リモートPCを使って好きなゲームをインストールすることができます。リモートでログオンできるゲーミングPCをレンタルするようなものです。Stadia Proのサブスクリプションでは現在『Destiny 2』を無料で提供していますが、Xbox Game Passとは異なり、今後も新しい無料ゲームを提供していく予定です。スタディアを利用すれば、ゲームランチャーを使わずにテレビ、PC、ラップトップ、タブレット、Google Pixelスマートフォンでゲームをプレイすることができます。

グーグルは、StadiaProサブスクリプションを月額10ドルで提供しています。これは、5.1サラウンドサウンドを備えた4K解像度でゲームをストリーミングする場合に必要です。Stadia Proサブスクリプションでは、無料のゲームがときどき提供されます。最初のゲームはDestiny 2で、Stadiaライブラリのすべてのゲームが割引になります。 Stadia Baseオプションは、2020年中にリリースされる予定ですが、Baseオプションには月額料金がないため、ゲームを正規価格で購入する必要があります。

グーグル スタディアは無料で入手できる?

Yesです。しかし、無料オプションは変更されました。2020年4月、スタディアは、契約した人に無料オプションを提供しました。Stadia Proの2カ月間の無料利用と、それに付随するすべての無料ゲームです。すでにStadia Proのサブスクリプションを持っている場合、次の2カ月間はグーグルで利用できます。

しかし、現在サービスにサインアップした場合は無料期間は1カ月間だけで、Premiere Editionバンドルで提供されていた3カ月間の無料ゲームは途中で終了しました。そのため、Premiere Editionバンドルは30ドル値下げされましたが、Stadia Proの3カ月間の無料利用がないことは、月額料金が9.99ドルなので、それを相殺しているようなものです。しかし、スタディアの新しいアカウントをサインアップすると、Stadia Proの1カ月分が無料で手に入るので、まだ節約していることになります。月が終わった後にStadia Proのサブスクリプションを必要としない場合は、キャンセルする必要があります。

クラウドゲーム

グーグル スタディアの価格は?

グーグル スタディアはさまざまな価格帯で販売されていますが、Premiere Editionは価格が下がったばかりです。当初は129ドルで販売されていましたが、Premiere Editionは今ではちょうど99ドルになっています。もはや3カ月分のStadia Proが無料で付属しているわけではありませんが、先ほど説明したように1カ月分のStadia Proを無料で手に入れる方法があります。

Premiere Editionは、グーグルストアのFounder’s Editionが完売した後に取って代わりました。Founder’s Editionには、テレビで再生するためのChromecast Ultra、限定版のナイトブルースタディアコントローラ、3カ月間のStadia Proサブスクリプション、3カ月間のStadia Proを友人に贈ることができるバディパスが含まれています。また、それはスタディア ゲーマータグの最初の優先権を提供していましたが、Founder’s Editionの所有者はスタディアの11月19日の発売から24時間以上、起動コードがなかったため、グーグルは約束を維持するのに苦労したようでした。

月額9.99ドルで販売されているStadia Proのサブスクリプションは、5.1サラウンドサウンドを備えた4K / 60fps / HDRでゲームをストリーミングするために必要であり、プレイヤーのStadia Proのサブスクリプションがアクティブである限り、無料である増え続けるゲームのライブラリへのアクセスが付与されます。

Stadia Proのサブスクリプションにお金を払いたくない場合でも、無料でスタディアベースを利用することができます。それはステレオサウンドで1080p/60fpsに制限されており、ゲームは個別に購入する必要がありますが、一度購入すると保持できます。どのパソコンでもChromeブラウザでプレイできますし、下記のAndroid端末のリストからもプレイ可能です。

グーグル スタディアが遊べるスマホはどれ?

当初、グーグル スタディアを実行できるスマートフォンは、Google PixelsとMacタブレットのみと、信じられないほど限られていました 。最近では、多くのスマホで利用できます。グーグル スタディアがサポートしているスマホの完全なリストを以下の通りです。

Galaxy S8
Galaxy S8+
Galaxy S8 Active
Galaxy Note8
Galaxy S9
Galaxy S9+
Galaxy Note9
Galaxy S10
Galaxy S10e
Galaxy S10+
Galaxy Note10
Galaxy Note10+
Galaxy S20
Galaxy S20+
Galaxy S20 Ultra
Razer Phone
Razer Phone 2
ASUS ROG Phone
ASUS ROG Phone II
Pixel 4 XL
Pixel 4
Pixel 3a XL
Pixel 3a
Pixel 3 XL
Pixel 3
Pixel 2
Pixel 2 XL
Pixel XL
Pixel
Pixel C

※Safariのウェブアプリを通じて、iPhoneやiPadでもプレイ可能です。

グーグル スタディアで遊べるゲームは?

グーグル スタディアのゲームのライブラリが増え続けていおり、『サイバーパンク2077』もスタディアで遊べます。グーグル スタディアで遊べるゲームの種類、これから対応するタイトルは以下の通りです。

現在利用可能なグーグル スタディアのゲーム
アサシン クリード オデッセイ(Assassin’s Creed Odyssey)
進撃の巨人2
Baldur’s Gate 3
ボーダーランズ3(Borderlands 3)
Cake Bash
Celeste
Crayta
ザ クルー2(The Crew 2)
Darksiders Genesis
デッド バイ デイライト(Dead By Daylight)
ドラゴンボール ゼノバース2
The Division 2
Destiny 2: The Collection
ドゥーム エターナル(Doom Eternal)
ドゥーム64(Doom 64)
EMBR
ファーミングシミュレーター19(Farming Simulator 19)
ファイナルファンタジーXV、FF15
フットボールマネージャー2020(Football Manager 2020)
Get Packed
ゴーストリコン ブレイクポイント(Ghost Recon Breakpoint)
グリッド2019(Grid 2019)
Gunsport
Gylt
Just Dance 2020
ヒットマン
ヒットマン2
ホットライン マイアミ
ホットライン マイアミ2
ヒューマン フォール フラット
ヨトゥン:ヴァルハラ・エディション(Jotun: Valhalla Edition)
ジャストシェイプスアンドビーツ(Just Shapes and Beat)
Kine
リトルナイトメア(Little Nightmares)
Lost Words: Beyond the Page
アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)
メトロ エクソダス(Metro Exodus)
メトロ ラストライト(Metro: Last Light Redux)
モンスターボーイ 呪われた王国(Monster Boy and the Cursed Kingdom)
モンスターエナジースーパークロス3(Monster Energy Supercross)
モータルコンバット11(Mortal Kombat 11)
MotoGP 20
NBA 2K20
NBA 2K21
One Hand Clapping
オクトパストラベラー(Octopath Traveler)
オークス・マスト・ダイ! 3(Orcs Must Die 3)
パンツァードラグーン(Panzer Dragoon)
PUBG
Power Rangers: Battle for the Grid
レイジ2
レッド・デッド・リデンプション 2(Red Dead Redemption 2)
レリクタ(Relicta)
リパブリック(Republique)
ライズ オブ ザ トゥームレイダー(Rise of the Tomb Raider)
Rock of Ages 3: Make and Break
サムライスピリッツ(Samurai Showdown)
Serious Sam Collection
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー ディフィニティブエディション(Shadow of the Tomb Raider: Definitive Edition)
Spitlings
Stacks on Stacks
スチームワールド ディグ
スチームワールド ディグ 2
スチームワールドハイスト(SteamWorld Heist)
スチームワールドクエスト(SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech)
Sundered: Eldritch Edition
Superhot
Superhot: Mind Control Delete
THUMPER リズム・バイオレンスゲーム(Thumper)
トゥームレイダー ディフィニティブエディション(Tomb Raider: Definitive Edition)
The Turing Test
トライアルズ ライジング(Trials Rising)
Wave Break
West of Loathing
ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド(Wolfenstein: Youngblood)
WWE Battlegrounds

以下のゲームリストはスタディアでの発売が確認されていますが、現時点ではまだ確定的な発売日は決まっていないタイトルです。

Assassin’s Creed Valhalla
Chorus
Cris Tales
Crayta
Baldur’s Gate 3
Destroy All Humans
Elder Scrolls Online
Kona
Orcs Must Die! 3
Windjammers 2
Marvel’s Avengers
Superhot Mind Control Delete
Star Wars: Jedi Fallen Order
FIFA
Madden
Watch Dogs: Legion
Relicta
Republique

グーグル スタディアのコントローラーはどんなの?

グーグル スタディアのコントローラーの色

専用のスタディアコントローラは、マウスとキーボードのセットアップだけでなく、幅広いコントローラをサポートしていますが、グーグル スタディアをプレイするために必須ではありません。しかし、グーグルが意図した方法でスタディアをプレイしたい場合は、グーグル スタディアのコントローラーを69ドルで購入することができます。現在提供されている色は、Clearly White、Just Black、Wasabi 、Founder’s Editionに独占的に含まれているNight Blueです。

スタディアのコントローラーは、WiFi を使用して、グーグルのサーバーから直接ストリームされるゲームに直接接続します。古典的なデュアル ジョイスティック、D パッド、フェイスボタン、ショルダーボタンのレイアウトはデュアルスティック4のコントローラーに似ています。また、簡単に映像をキャプチャしたり、グーグルアシスタントをアクティブにすることができる2つの追加ボタンもついています。サポートされているコントローラーと再生するスクリーンを得たら、グーグル スタディアを使用する準備が整います。コンソールや追加の配線は必要ありません。スタディアのコントローラーの完全な仕様は以下です。

Wi-Fi: Dual-band (2.4GHz / 5GHz) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac connectivity
Bluetooth: Bluetooth Low Energy 4.2 (BLE)
Headset jack: 3.5mm headset jack for headsets with or without a microphone
USB: USB-C port for charging, wired gameplay, and accessories such as USB-C headsets. HID-compliant
Weight: 268g
Dimensions: 163mm x 105mm x 65mm
Google Assistant: Google Assistant button to trigger microphone
Capture button: Quick access to image and video capture
Battery: Internal rechargeable Li-Ion battery

出所:gamesradar+

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。