2020年09月20日

女性ゲーマーの祭典「GIRLGAMER Esports Festival 」決勝、ドバイで初開催

esports

女性ゲーマーに焦点を当てたeスポーツの世界的祭典「GIRLGAMER Esports Festival 」のWorld Finalsが、アラブ首長国連邦(UAE)の都市ドバイにある複合施設「メイダン・ワン(Meydan One)」で、2月19から22日の日程で開催される。中東で同イベントが開かれるのは今回が初めて。

「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)」と、「リーグ・オブ・レジェンド(League Of Legends、LoL)」の決勝トーナメントが開催される。予選ステージはオーストラリア、韓国、シンガポール、スペイン、ブラジルでそれぞれ実施されており、決勝ステージには、女性だけで構成された最強のeスポーツチーム9つが進出する。賞金プールは10万ドル(約1084万円)だ。

CS:GOを戦うのは4チーム。北アメリカ代表であるTeam Dignitasは、過去のGIRLGAMER Esports Festivalで2回の優勝経験がある。そのほかのWorld Finals進出チームは、Carnage(オーストラリア)、Copenhagen Flames(ヨーロッパ)、INTZ(ブラジル)となっている。

リーグ・オブ・レジェンドを戦うのは5チーム。Charon(韓国)、OOB(ヨーロッパ)、Besiktas(トルコ)、Innova(ブラジル)、そして現地代表のGalaxy Racer(UAE)だ。

GIRLGAMER Esports Festivalを運営するのは、ポルトガルとマカオ拠点のeスポーツ組織「Grow uP eSports」で、Meydan Oneやドバイ政府メディアオフィス(GDMO)などが協賛する。GDMOは、eスポーツを発展させ、ドバイをeスポーツの世界的ハブにするプロジェクト「Dubai 10X Media Project」の一環として、イベントをサポートする。

GIRLGAMER Esports Festivalは、ビデオゲームにおける女性の競争力を称えるイベントで、女性のエンパワーメントを促進するプラットフォームとして認められており、2018年のFestX Awardsで「Best Esports Festival」に選ばれている。

GIRLGAMER Esports Festivalでは、CS:GOとリーグ・オブ・レジェンドのトーナメントのほか、eスポーツビジネスのカンファレンスや、ゲームの利点や依存症の防ぎ方などを教える啓蒙セミナー、コスプレ大会なども同時開催される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。